【記憶に残させる!】転職後”自己紹介”のポイント

転職後の自己紹介って、どの職場でも必ずありますよね?

「どうせ1回じゃ覚えてもらえないし、適当でいいか」って思っている方、いませんか??

その考え、今すぐに捨てた方がいいです!!!

最初の自己紹介ほど、自分をたくさんのスタッフにアピールできる場はありません!

今回は、「多くのスタッフの記憶に残りやすい”自己紹介”の仕方」を説明していきます。

これから転職をされる方は、是非読んでみてください。

この記事が参考になる人

・転職後の自己紹介を控えている人
・自己紹介で何を話したらいいかわからない人
・スタッフの記憶に残る自己紹介をしたい人



自己紹介のポイント

まずは自己紹介する際に気を付けるポイントについてまとめます↓↓

①明るく笑顔でハキハキと話す
②経歴を簡潔に伝える
③趣味にも触れる
④意気込みを伝える

1つずつ説明していきますね!

明るく笑顔でハキハキと話す

人の第一印象は、「自己紹介の内容ではなく、声のトーンや表情が大部分を決める」ということを聞いたことはありませんか?

これは転職後の自己紹介にも当てはまります!

「明るく・笑顔で・ハキハキと話す」3点に気を付けて自己紹介をすることで、相手の第一印象はグッと良くなります。

「一緒に頑張って働いていこう!」と記憶に残るような表情・態度で自己紹介ができるといいですね!

自己紹介は誰でも緊張するもの!
「緊張でうまく笑顔が作れない」なんてことを避けるため、家で練習してから入職日を迎えましょう♪


経歴を簡潔に伝える

今まで勤めてきた経歴を自己紹介で話すことも、スタッフに覚えてもらうポイントになります。

その際、今まで自分がどんな経験をしてきたのか、相手側に簡潔に伝えることが重要です。

経歴のNGな伝え方は、過去の実績を長々と話してしまうことです!

実績ばかりを話してしまうと「自慢話」に聞こえかねないので、注意 が必要です。

経歴は簡潔に伝えることが重要!
だらだらと話しすぎると、自慢話に聞こえてしまうため注意!

趣味にも触れる

自己紹介の時に自分の趣味について触れると、より相手側の記憶に残りやすくなります。

「初対面で趣味を話すなんて恥ずかしい」なんて思わず、話すことで「はやく職場に馴染む1歩になる」と思うようにしてください!

スポーツ・音楽・お酒など、他者と共有できる趣味であると、他スタッフと繋がるキッカケになるかもしれません。

コミュニケーションの図れる趣味であると、同趣味のスタッフは親近感を覚えます!仲良くなるキッカケになるかも!


意気込みを伝える

自己紹介の最後は、「この職場で頑張っていきたい」という意気込みを伝えましょう!

意気込みは、特に職場のトップや上司に好印象なイメージを持たせます。

職務経験が長い方が「ここで多くのことを勉強していきたい」といった低姿勢で意気込みを伝えると、より印象は良くなります。

低姿勢での自己紹介は、中途採用者という抵抗感を低くさせる!

自己紹介の具体例

では実際に、上記のポイントを踏まえた具体例を紹介します。
参考にしていただければと思います!

本日から入職致しました、作業療法士の○○○○と申します。

以前は、○○市の回復期病院にて、入院と外来患者様へのリハビリを実施していました。

趣味はサイクリングで、休日は色々な場所に出かけています。このあたりはまだ疎いので、オススメの場所を教えて頂けたら嬉しいです。

これからこちらで、たくさんのことを学んでいきたいと思っております。一日も早く貢献できるよう精一杯頑張りますので、ご指導のほどよろしくお願い致します。


まとめ

今回は「記憶に残させる、転職後の自己紹介の仕方」について説明しました。

ただ「これからよろしくお願いします。」だけの自己紹介が、いかに勿体ないか、わかっていただけたでしょうか?

転職後は、はやく顔と名前を覚えてもらうことが、一日もはやく職場に馴染むポイントになります。

そのポイントを逃さないためにも、入職初日の自己紹介準備を丁寧に進めていきましょう!!!

こちらの本も参考になりますので、是非読んでみてください。

関連記事

「転職はしたいけど、新しい環境に馴染めるか不安…」そんなことを思っている方はいませんか? また、転職経験をして「新しい職場に馴染むのが大変だった…」と良くない思い出がある方もいるかもしれません。 誰でも職場にははやく馴染みたい[…]

PT/OT/STの転職は
マイナビコメディカル