【作業療法士向け】上司に退職を伝える時期とタイミングを解説!

退職を考えている作業療法士の方で「退職したい旨を、どのタイミングで上司に伝えればいいのか」と考えている人はいませんか?

今回は、作業療法士向けに、上司に退職を伝える時期とタイミングについて説明します。

退職をスムーズに進めていくためにも、是非チェックしてみてください!
  

この記事が参考になる人

・職場の退職を考えている作業療法士
・退職意思を伝える時期に悩んでいる人
・どうやって上司に退職意思を伝えるか悩んでいる人



上司に退職を伝える時期について

まずは、上司に退職を伝える時期について説明します。

正社員の場合、2週間前までに退職願を出せば、法律上退職することは可能です。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条第1項

しかしこれは法律上の話であって、社会的には遅すぎるでしょう。

退職意志を上司に伝えるのは、最低でも3ヵ月前を目安にすべきです!

作業療法士は国家資格者であるため、次の人材を確保するのに時間を要することが多い現状にあります。

円満退職をしたいなら、相手側のことも考えつつ、3ヵ月前を目安に伝えるようにしましょう。

雇用契約書に「退職希望は〇ヵ月前に伝えること」と書かれている職場もあるので、必ず確認するようにしましょう!

上司に退職を伝えるタイミングについて

上司に退職を伝えるタイミングですが、「いきなり上司を引き止めて説明する」というのは、スマートではありません。

退職は職場側にとっても大きな問題ですから、いきなり言われた上司の気持ちも考えた方が良いです。

いつなら上司と話せるかアポイントメントを取り、2人だけの空間で退職意思を伝えるようにしましょう。

その際、なぜ辞めたいのか、何月頃の退職を希望しているかなど、具体的なことも伝えられるようにしておきましょう。

職場で上司に退職意思を伝える場合は、あらかじめアポイントメントを取っておくこと!

退職意思の伝え方とポイント

最後に、どのように上司に退職意思を伝えれば良いか、説明していきます。

しっかりと退職意思を自分の言葉で述べ、上司に理解してもらえるようにしましょう!

・退職希望時期について述べる
・退職をしたい明確な理由を述べる

・退職に強い意志があることを理解してもらう
・今までお世話になった感謝を伝える

具体例を1つ挙げます↓↓

お忙しいところ、時間を割いて頂きありがとうございます。

私事で申し訳ないのですが、この度、〇月をもってこの職場を退職したいと考えております。

以前から興味があった○○領域で、自分の経験を積んでいきたいという決意が固まったため、今日このような時間を取って頂きました。

この職場で多くのことを経験でき、セラピストとしても、人としても成長することができたと感謝しています。

勝手ではありますが、よろしくお願い致します。

退職理由で悩む人は、以下の記事も参考にしてみてください!

関連記事

退職理由って人それぞれで、人間関係など「言い出し辛い」理由で仕事を辞めたい方もいますよね。 ここでは、作業療法士で退職を考えている方向けに、退職理由で悩んだ際に使えるおすすめの理由を紹介していきます! 退職理由で、大真面目に本当の[…]

まとめ

今回は作業療法士向けに、「上司に退職を伝える時期とタイミング」について説明しました。

今回のポイントをまとめます!

・3ヵ月前を目安に退職意思を伝える
・退職意思は上司を2人の空間で伝える
・明確な退職理由をもとに話を進める

この記事が、うまく退職意思を上司に伝られる参考になれば嬉しいです。

関連記事

転職って必ず理由があってすると思いますが、誰しも失敗は避けたいものですよね。 ただ、方法やタイミングを間違えると、あなたの転職がうまくいかなくなる可能性があります。 今回は、作業療法士の転職におけるよくありがちな失敗例と、それに[…]

関連記事

「退職の希望は伝えたけど、退職日までに何かすべきことはあるの?」と疑問に思っている方! 今回は、リハビリ職の退職希望を出してから退職する日まで、具体的にどんなことをしていけばいいのかを、時系列系で説明していきます。 これを読めば[…]