現役作業療法士が考える!作業療法士の仕事にやりがいを感じる瞬間5つ

これから作業療法士を目指す人にとって、
 

作業療法士はどんなことにやりがいを感じるのかな?

と疑問に思う人はいませんか?

今回は、現役作業療法士が考える、作業療法にやりがいを感じる瞬間を5つ説明します。

これから作業療法士を目指す予定の方は、ぜひチェックしてみてください♪


この記事が参考になる人

・作業療法士のやりがいが知りたい人
・これから作業療法士を目指す人
・転職を考えている医療従事者
  

OTTY
【私はこんな人!】
現役作業療法士として2度の転職を経験。
作業療法士歴は10年目。
現在は老人保健施設に勤務しています。

回復期病院・認知症病棟・老人保健施設での実務経験があります。

作業療法士がやりがいを感じる瞬間

最初に、作業療法士が仕事でやりがいを感じる瞬間を5つまとめます↓

・対象者のできることが増えた時
・対象者に感謝された時
・ご家族に感謝された時
・自分の勉強が仕事に活かせた時
・後輩から頼りにされた時
  
OTTY
この記事では、作業療法士が関わる患者さんや利用者さんのことを、「対象者」という言い方で記載していきます。

では1つずつ説明していきますね!

対象者のできることが増えた時

1つ目のやりがいを感じる瞬間は、「対象者の出来ることが増えた時」です。

作業療法士の仕事の1つは、対象者が困っていることを再びできるように支援することです。

例えば、

・自分の力でトイレに行けるようになる
・杖を使って歩けるようになる
・趣味の裁縫を再開することができる
・車の運転を再開することができる

など、対象者が望む活動が再びできるようになった時は、作業療法士としてのやりがいを感じる瞬間です。

対象者の笑顔や喜びは、作業療法士として働くことのやりがいに繋がる。

対象者に感謝された時

2つ目のやりがいを感じる瞬間は、「対象者に感謝された時」です。

出来ることが増えたり、辛さを共感したり、対象者のことを想って接していると、対象者から感謝されることがあります。

・リハビリを頑張って良かった
・色々と教えてくれてありがとう
・話を聞いてくれてありがとう
・あなただから頑張れた

こんなことを言われたら、誰でも嬉しい気持ちになりますよね。

中には、リハビリを終えて家に帰られる時に、嬉しさと感謝で泣かれる方もいます。

そういった場面に出会う時、「作業療法士として関われて良かった」とやりがいを感じることができます。

ご家族に感謝された時

3つ目のやりがいを感じる瞬間は、「ご家族に感謝された時」です。

先程の対象者に感謝されることに似ていますが、対象者のご家族に感謝されることもあります。

・真摯に接してくれてありがとう
・あなたが担当でよかった

対象者だけでなく、ご家族にこんなことを言われたら、本当に嬉しいものです。

ご家族が自分のリハビリを認めてくれるというのは、作業療法士としてのモチベーションも高まります。

自分の勉強が仕事に活かせた時

4つ目のやりがいを感じる瞬間は、「自分の勉強が仕事に活かせた時」です。

作業療法士は、医療やリハビリの知識を学び続けなければいけない職業です。

参考書や勉強会で学んだことを職場で実践し、対象者の手助けができたら嬉しいですよね。

そんな時に、作業療法士として働くことのやりがいを感じられます。

学んだことをリハビリに活かせると、自分自身のレベルアップを感じることができる。

後輩に頼りにされた時

最後のやりがいを感じる瞬間は「後輩に頼りにされた時」です。

どの仕事でもそうだと思いますが、経験年数が増えるごとに後輩に指導する役割は増えていきます。

そんな後輩指導を進める中で、

・○○さんに聞いてよかったです
・いつも仕事をしていて勉強になります
・対象者への接し方が上手で尊敬します

こんな風に後輩から言ってもらえると、作業療法士として頑張っていて良かったなと思うことがあります。
 

OTTY
人から認められたり頼られたりするのって、嬉しいものですよね!

作業療法士のやりがいは見えやすい

ここまで、作業療法士という仕事のやりがいについて説明しました。

作業療法士は、対象者と直接関わりリハビリを提供するので、ダイレクトにやりがいを感じやすい仕事といえます。
 

OTTY
「やりがいが目に見えやすい」とも言えるかもしれません!

そういうところも、作業療法士として働く魅力の1つと言えます。

作業療法士が向いている人とは?

では、どんな人が作業療法士に向いているのか、気になる人もいるかと思います。

作業療法士に向いている人は、こんな人です↓

①人とのコミュニケーションが好き
②人の役に立ちたいという想いがある
③ある程度体力に自信がある

特に、①と②は重要なポイントですね!

詳しいことは下の記事にまとめてあるので、是非読んでみて下さい↓

関連記事

「作業療法士を目指したい」と思ったことのある人であれば、一度は「作業療法士はどんな人に向いているのだろう」と考えたことがあると思います。 今回は、現役作業療法士が考える、「作業療法士に向いている人」の特徴について説明します。 日々[…]

まとめ

今回は、作業療法士という仕事でやりがいを感じる瞬間を5つ、説明しました。

この記事の内容をまとめます。

・作業療法士のやりがい5つ
→対象者のできることが増えた時
 対象者に感謝された時
 ご家族に感謝された時
 自分の勉強が仕事に活かせた時
 後輩から頼りにされた時
・作業療法士のやりがいは見えやすい

直接対象者と関わる仕事だからこそ感じられるやりがいが、作業療法士にはたくさんありますよ!

これから作業療法士を目指す人の参考になれば嬉しいです!

関連記事

これから作業療法士を目指そうと考えている方で、 悩める子 作業療法士の仕事ってどのくらい大変なの? と疑問に思っている人はいませんか? 正直に言うと、作業療法士は大変な仕事です。 ただ大変さだけでなく、やりが[…]

関連記事

リハビリ職の方で、「勉強しても継続できない」「すぐ集中力が切れてしまう」という方はいませんか? 医療系の勉強って専門用語が難しく、理解できないと投げ出したくなっちゃいますよね・・・。 今回はリハビリ職向けに、勉強のやる気を継続さ[…]