作業療法士の平均年収と給料をUPする方法

作業療法士のみなさん、みなさんは今の年収に満足していますか?

正直、もっと年収を増やしたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私自身そう思う中の1人で、どうしたら手軽に年収を増やせるのかを考えてきました。

結果、今の職場で給料UPを図るよりも、転職や副業を進めた方が、年収は増加するという結論に至りました。

今回は、作業療法士の平均年収をUPさせる方法に焦点を当て、お伝えしていきます。

今の職場での給料に悩んでいる方は、是非読んでみてください!

この記事が参考になる人

・年収を増やしたいと考えている作業療法士
・給料をアップさせる方法が知りたい人

作業療法士の平均年収

まずは作業療法士の平均年収が一体どの程度なのか、説明します。

作業療法士全体の平均年収は、約400万円前後と言われています。

日本人の平均年収が440万円と言われていますから、平均よりもやや低いということになります。【平成30年分民間給与実態統計調査結果

しかもこれは平均であって、地域や年代でも格差があり、作業療法士の年収は300~600万円程の幅があると言われています。

仮に年収350万円だとして、結婚や子育てなど将来のことを考えると、1人の収入だけでやっていくのはかなり厳しい現実なのかもしれません。

実際に私の周りの先輩・同期なども、共働きのスタッフばかりです。

昇給での年収UPは厳しい?

ほとんどの職場で毎年昇給があると思いますが、その昇給で年収UPを図るというのは、現実的なのでしょうか??

先にお伝えすると、答えはNO!!です。

作業療法士の昇給額は本当に微々たるもので、1年に1度、1000円アップといった職場も多々あります。

10年勤務しても、単純計算で10000円しか昇給しない…。これってかなり非効率的だと思いませんか?

また、リハビリ職は、実施単位数に応じて患者様から貰える額が決められており、これはベテランでも新人でも変わりはありません。

つまり、ベテランも新人も病院にもたらす利益は同じ=単純にお給料に差を付けにくいということなのです。

これは国が決めたシステムなので、そのシステムが変わらない限り、病院や自分たちでどうこうできる問題ではありません。

つまり今後も、経験や能力に応じて給料が上がる職場は少ないと考えられます。

そう考えると、昇給アップで年収増加を図ることは非効率的といえるのです。

では、どうしたら給料UPを図れるのか?次の項目から説明していきます。

作業療法士が給料をUPをする方法

ここから、どうしたら給料をUPできるのかを説明していきます。1番効率的な順に、以下3つの方法が挙げられます。

①転職をする
②今の職場で役職を得る
③副業を始める

1つずつ説明していきます!

転職をする

「転職」は今の年収をUPさせる方法として、一番手っ取り早く効率的な方法です。

求人を検索するとわかると思いますが、高額年収の案件が結構見受けられると思います。

自分で求人を探すのもいいですが、給料UPしたい!と強い意志があるのであれば、リハビリ転職サイトへの登録をオススメします。

転職サイトで高額案件を希望すれば、その希望に見合った職場をいくつも提案してくれ、給料交渉までアドバイザーが行ってくれます!

自分で探す時間が省ける分、よりスムーズに理想の職場と出会える可能性が高まります。


リハビリ転職サイトは、大手企業の「マイナビコメディカル」か「PT/OT人材バンク」の利用をオススメします!

利用の流れとサービス内容はほとんど変わりませんが、若干特徴に違いがあるので、まとめておきます↓

【マイナビコメディカル】
・利用者数No.1
・質の良い非公開求人あり
・手厚いサポートが売り
【PT/OT人材バンク】
・国内最大の非公開求人が売り
・高額求人が多い
・関東/東海/関西地方が特に手厚い

↓マイナビコメディカル

マイナビコメディカル
に無料登録する⇒

↓PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク
に無料登録する⇒

どちらも無料で利用できるので、「転職で給料をUPさせたい!」という人は特に、利用しない手はないですよ!

今の職場で役職を得る

2つ目の給料UPの方法は、役職を得ることで、役職手当てを貰う方法です。

職場によりますが、役職に就くことで、手当が数万円程付けられる可能性があります。

しかし、役職に就くまでには何年かの経験とスキルが求められます。病院は一般企業に比べて役職のポストが少ないため、自分の強みを上層部にアピールしていかなければならないんですね。

また、役職者に選ばれるのには運やタイミングも兼ね合ってくるということを理解しておいた方がいいかもしれません。

スキルや資格を獲得することで患者様の為のリハビリを提供し、それがアピールに繋がれば、経験年数とともに役職ポストは手に入れられるものと思います。

以下の本は読みやすくオススメです↓↓

副業を始める

3つ目の給料UPの方法は、副業を始めることです。

今の仕事の給料を直接UPさせる方法ではないですが、副業を始め収入が得られれば、年収をUPさせることができます。

今や副業はかなりメジャーになっており、リスクの低いものを選べば、安心して収入UPに繋げることができます。たとえば、

・ブログアフィリエイト
・クラウドワーキング
・治験ボランティア
・ハンドメイド販売
・転売
・アンケートモニター

などが挙げられます。ブログアフィリエイトは収益を上げるのに時間と労力を要しますが、うまくいけば “月収50万円を稼ぐアフィリエイター!”になることも夢ではないのです。

まずは自分のライフスタイルに見合った副業を検索してみることから、始めてみてはいかがでしょうか?

以下の本も参考にしてみてください↓↓

まとめ

今回は、作業療法士の平均年収と給料をUPさせる方法について説明しました。

現職場での給料に不満がある人は、今後の昇給にはあまり期待をせず、給料UPのために行動を始めた方が堅実です。

最も手っ取り早いのは、やはり思い切って転職を考えることが1番かと思います。

ただ、なかなか環境を変えられれない人もいると思うので、数年後の転職も視野に入れつつ、副業や自分のスキルアップに努めるのも良い選択だと思います。

自分自身の生活をより充実したものにするために、これから給料をUPさせる手段を身につけていきましょう!!

マイナビコメディカル
に無料登録する⇒

PTOT人材バンク
に無料登録する⇒