【リハビリ職向け】”自分を成長させる”昼休憩の有意義な過ごし方

リハビリ職の皆さんは、昼休憩の時にどんなことをしていますか?

「スマホゲームをする」「漫画を読む」…そんな過ごし方も楽しいかもしれませんが、自分を成長させたい人にとっては、勿体ない過ごし方かもしれません。

今回は、リハビリ職の人向けに、自分を成長させる昼休憩の使い方について説明します。

少しの意識の変化が、後に大きな成長に変わります。

是非一緒に有意義な過ごし方を実践していきましょう!

この記事が参考になる人

・自分自身を成長させたいと思っている人
・昼休憩をもっと有意義に使いたい人
・将来大きな目標や夢を持っている人



昼休憩の有意義な過ごし方

今回説明する、自分を成長させる昼休憩の過ごし方を、以下にまとめます↓

①15分間の昼寝をする
②情報収集をする
③勉強をする
④読書をする
⑤動画を見る

⑥スマホで副業をする

1つずつ説明していきますね♪

15分間の昼寝をする

仕事中に15分程の昼寝をすると「脳がスッキリして作業効率がはかどる」というメカニズムは聞いたことがあると思います。

リハビリ職の方で午後に休憩を取れる方は少ないと思うので、昼休憩で少しの昼寝をしてみましょう!

私自身実践していますが、午後のリハビリ業務をスッキリとした気持ちで取り組むことができています。

また、夕方になると書類作成も頭が回りにくくなりますが、昼寝を取り入れることで、効率よく書類作成を進めることができますよ。

『昼寝→仕事効率化→定時退社→自分の時間が増える』
という好循環とも考えられますね!

昼寝をして午後もスッキリとリハビリに取り組むことで、よりセラピストとして成長していくことができます。

情報収集をする

普段からニュースなどの情報を得ていない人は、昼休憩中にスマホで情報を得るようにしましょう。

リハビリ職に限らず、日本や世界で何が起こっているかを把握しておくことは、様々な場面で役立ちます。

目まぐるしく変化する現代において、最新の情報をキャッチできないのは、自分の成長チャンスを逃しているのと同じです。

最初は自分の気になるジャンルからでもいいいと思います!

オススメのスマホアプリも参考にしてみてください↓

・Yahooニュース
・SmartNews
・LINEニュース
・産経プラス  など



勉強をする

次の昼休憩の有意義な過ごし方は「勉強をすること」です。

リハビリに関係する勉強や、資格を取るための勉強など、昼休憩を有効に使用しましょう。

リハビリの勉強は、すぐに患者さんや利用者さんに活かすことができます。

そしてその成果が現れれば、より仕事も充実したものになるでしょう!

リハビリ職は一生勉強で大変ですが、毎日コツコツの積み重ねが、将来の自分をより大きなものにしてくれると私は考えています。

読書をする

「読書をすること」も、自分を成長させる有意義な過ごし方です。

ジャンルは何でも良いのですが、自己啓発本や、自分の夢/目標に見合った内容の本だと、モチベーションを高くした状態で午後の業務に入ることができます。

また、本を読む際には、中途半端なところで読むのをやめてみましょう!

微妙なところであえて本を閉じると、次の内容が気になり、家に帰宅した後も「本を読む」という有意義な時間を作り出しやすいからです。

本を読むことで知識や意識が高まり、人としての成長に繋がります。

昼休憩に読んでほしい、オススメの本を下に載せておきます↓

動画を見る

Youtubeなどで動画を見ることも、昼休憩の有意義な過ごし方です。

動画は視覚と聴覚から情報を得られるので、より記憶に定着させやすいというポイントがあります。

また最近では「有料では?」と思うほど有益な動画が、Youtubeにたくさんアップされています。

これを自己成長のために使わない手はありません!

もちろん、選択する動画は、「自分の未来に繋がるもの」にして下さい。

私はよく、英会話動画/副業動画/自己啓発動画を見ています!

スマホで副業をする

次の昼休憩の有意義な過ごし方は、「スマホで副業をする」ことです。これは私も実践しています!

今の時代、副業をすることは一般的となってきています。

医療業界が不安定とは言いませんが、1つの職場に固執しすぎると、将来に不安を抱きやすくなると思います。

将来に夢がある人には特に副業をオススメしたいですし、給料と別に稼ぎが入ることで、生活がより充実しますよ。

最初は大変でも、新しいことを始めるというのは、自分を成長させてくれます!

・ブログアフィリエイト
・メルカリ
・アンケートモニター
・ポイントサイト

今の時代に稼ぐ方法はたくさんありますから、自分が興味のあるものを選ぶと良いでしょう。下の本も参考になりますよ↓

たかが数十分、されど数十分!

ここまで、昼休憩の有意義な過ごし方について説明しました。

読んだ人の中で、「昼のたった数十分で何が変わるんだろう」と思う方もいるかもしれません。

しかし、1日の中ではたった数十分だとしても、1年継続したらかなりの時間になるはずです。

1日20分を積み上げていけば、1年で120時間!!

何かを頑張ろう!と思う人は、いきなり何時間も努力をしようとしますが、大抵の人は長続きしません。

それよりも、1日数十分をコツコツと積み上げた方が、ストレスなく着実に成長することができます。

また、昼休憩に上記のような過ごし方をすると、夜家に帰った際「昼の続きをしようかな?」と思うことも結構あります。

帰って疲れて寝てしまう•••そんな生活からも抜け出せるかもしれません!

まとめ

今回はリハビリ職向けに、「自分を成長させる昼休憩の有意義な過ごし方」について説明をしました。いかがでしたでしょうか?

慣れるまでに少し努力は必要かもしれませんが、慣れてくると、「今日も少しだけ頑張ろう!」と前向きな気持ちになれるはずです。

周りのみんなが何もせずに休む昼休憩は、あなたが一足先に成長できる最高の時間です

理想の自分を目標に、明日のお昼から実践してみてはいかがでしょうか!