【会社員必見】○○より汚い?昼に使う歯ブラシを99.9%除菌するUVブラシケース

会社員の皆さん、お昼休憩が終わったら歯を磨きますよね?その歯ブラシって、どのくらいの期間使用していますか?

「濡れたままケースに閉まって…ずっと使っている」という方、雑菌が繁殖し、「便器よりも汚い」状態になっているかもしれません。

今回は、歯ブラシを使うごとに99.9%除菌する、オススメの歯ブラシケースをご紹介します!

歯ブラシを除菌することで、口臭や歯周病の予防にも繋がります。

毎日使うものだからこそ、清潔に保つようにしていきましょう!

この記事が参考になる人

・歯ブラシを清潔に保っていたい人
・口臭や歯周病が気になる人
・除菌グッズに興味がある人



オススメするUV歯ブラシ除菌器

Image:Amazon

今回オススメする歯ブラシ除菌ケースは、Miuphroが発売している「UV歯ブラシ除菌器」です!

具体的にどんな商品なのか、説明していきますね。

紫外線で雑菌を99.9%除菌する

Image:Amazon

この商品は、紫外線の光を歯ブラシに照射させることで、雑菌を除菌する仕組みになっています。

ブラシに対して垂直に光が当たるようになっているため、ブラシの1本1本まで照射できるところがポイント!

光を当てても隅々まで照射できなかったら、意味ないですもんね!

商品サイトでは、除菌前と除菌後の比較写真を載せています↓

Image:Amazon

たった5分間の紫外線照射

紫外線の照射時間はたったの5分間!

使用法はとても簡単で、使い終わった歯ブラシをいつも通りケースにしまうだけ。

5分間の照射で、1ml中に含まれる63000個の雑菌が5個まで減少したとの報告もあります。(99%の除菌率!!!)

自動で電源ON&OFF

Image:Amazon

使用方法が簡単すぎて、「照射し忘れる」なんてことはありません。

ケースを開けると自動で電源ON、5分照射後には自動で電源OFFしてくれる優れもの!

単3電池2本で活躍してくれるので、職場での使い勝手も良いですね。

持ち運びが便利

Image:Amazon

歯ブラシの柄までしまえるケースなので、持ち運びも便利!

職場だけでなく、旅行先にも持っていけます。

ブラシ部分だけを収納する商品もありますが、持ち運びや清潔さを考えると、全部しまえるケースの方がメリットは大きいでしょう!

お手頃価格で買いやすい

色々と優れている部分がありながらも、値段は税込1699円とコスパ良好!(Amazon:2020年3月時点)

この商品を知って、私もすぐに購入してしまいました(笑)

カラーバリエーションも豊富なので、好きな色を選択できるのも良いですね。

実際はどんな感じなの??

私が使用している感想をお伝えします。

・除菌されているか確認できるわけではないが、使用していて安心感と気持ちのよさがある
・口臭が和らいだ感じがある
・歯磨き後にしまうだけなので簡単に除菌ができる
・コンパクトで持ち運びがしやすい

1番よい点はやはり、雑菌に対する抵抗感・不安感がなくなったことでしょうか!

気持ちよく食後の歯磨きができるようになりました♪

歯ブラシが汚いとこんな悪影響が!

ここまで、UV歯ブラシ除菌器の商品について説明をしました。

歯ブラシに付着している細菌数は1億個以上という研究結果があり、「便器よりも汚い」と言われています…。

雑菌が多い歯ブラシを使用すると、こんな悪影響もあるため注意です↓

・口臭や虫歯の原因になる
・歯周病に繋がる可能性がある
・口腔内の不快感に繋がる
・口の中に傷があると、病気に感染しやすくなる

特に職場で使う歯ブラシって、家で使う物よりも交換頻度が少ないなんてこと、ありませんか?

つい買い替え忘れてしまうものだからこそ、除菌ケースを使って対応していきましょう。

まとめ

今回は、Miuphroが発売している「UV歯ブラシ除菌器」について紹介しました!いかがでしたでしょうか?

歯ブラシの雑菌や口臭が気になっている人、普段人とコミュニケーションを図る機会が多い人にこそ、使ってほしい商品だなと思います!

エチケットケアの1つとして、ぜひ日々の生活に取り入れていきましょう。