【リハビリ職向け】スキルアップの為に勉強会へ行くことは必須なの?

リハビリ職として日々働いていると、「勉強会に行かなければいけない風潮」みたいなのを感じたことはありませんか?

そもそも、スキルアップのために勉強会に行くことは必須なのでしょうか?

結論から言うと、勉強会に必ず行く必要は全くありません!

今回はリハビリ職向けに、スキルアップの為に勉強会へ行くことは必須なのかどうかについて説明していきます。

この記事が参考になる人

・勉強会への参加にストレスを感じている人
・勉強会の参加は必須なのか悩んでいる人
   

これから話す勉強会とは、自分からスキルアップのために参加する勉強会のことを指します。

勉強会に行かなければいけない風潮はなぜ生まれる?

普段仕事をしていると、「セラピストなら勉強会に行くべし!」みたいな職場の風潮ってありませんか?

「勉強会に行く=勉強していて偉い」みたいな・・(笑)

こんな職場の風潮にストレスを感じている人も少なくないはずです。
   

OTTY
私自身、こんな職場の風潮にストレスを感じてしまう1人でした。

ではあの風潮はなぜ生まれるのかをまとめてみます。

・勉強会への参加は周りに知られやすい
・リハの勉強=勉強会という認識が強い
・毎週の勉強会の数がかなり多い
・休日を使って勉強している印象が付きやすい

勉強会へ行くことは、自宅で勉強するよりも周りに知られやすいですよね。

この知られやすいという状態が、勉強しているという印象付けとなりやすい1番の理由です。
  

人間は、目に見える化できる物事の方が信頼しやすい性質にあるため、「勉強会に行く=セラピストとして頑張っている」みたいな捉え方になりやすいんですよね。

   
また勉強会の数も最近はとても多く、休日に頑張って勉強しているという捉えられ方も、勉強会に行かなければいけない風潮になりやすいのかなと思います。
  

OTTY
勉強会の雰囲気が苦手・・・という人も結構いますよね。

勉強会に行くことの意味とは?

リハビリ職は医療職であり、日々進化し続ける知識・技術についていく為、勉強し続けることは必要不可欠です。

では、セラピストが勉強会に行くことの大きな目的は何なのでしょうか?

・リハビリ知識/技術の向上
・最新アプローチの習得
・他スタッフとの繋がり作り
・モチベーションの向上

リハビリ知識/技術の向上という目的以外にも、勉強会に参加する目的は色々あります。

実技で手技などを覚えられるのは、勉強会の醍醐味といっていいでしょう!

勉強会は絶対行かなければいけないの?

では本題の、スキルアップのために勉強会への参加は必須なのかについて説明します。

結論「目的に応じて行くか行かないか判断すれば良い」これに尽きます!!
  

・実技を習得したい
・最新知識を得たい
・好きな講師から直接教わりたい

このような目的で勉強会に行くことは、勉強会というメリットを十分に活かせているといえます。

しかし、

・参考書からでも学べる内容
・勉強会への参加が目的になっている
・何を学んでいいかよくわからない
・みんなが行っているから行く

このような状態で勉強会に参加しても、正直習得できる知識/技術は限られてしまうでしょう。

そのため、「セラピストは勉強会に行かなければいけない」という考えはかなり危険と言えます。
   

・どのような目的で行くのか
・自分の為になる勉強会なのか

このような点をしっかり見極めた上で参加することが、とても重要であると言えるでしょう。
  

OTTY

行く必要がないと判断したなら、勉強会へは参加しなくて問題ないんです!

人によって勉強方法にも合う合わないがある

仕事をしていると様々な患者さんに対応するように、私たちは1人1人個性というものが存在します。

この個性は勉強方法にも当てはめることができ、

・勉強会に行くことで伸びる人
・参考書から学ぶことで伸びる人
・DVD教材から学ぶことで伸びる人

こんな感じで、人によって勉強方法にも合う合わないが存在します。

参考書からの学びで結果を出しているセラピストはたくさんいますし、だからこそ「勉強会へ参加することが1番」という考え方は危険なんですよね。

どんな勉強法が自分に見合っているのか、色々と経験しながら見つけ出していくのが重要だなと感じます。
 

OTTY

ちなみに私は、参考書からの勉強が個人的に合っていると感じています。
実技に関しては勉強会に行くようにしています。

本来は臨床で結果を出すことに重きを置くべき

勉強会によく行く人を見ていると、

行くだけで満足する
・行くだけで勉強した気になっている
・臨床で使い込んでいない
・分野を定めず行きまくっている

こんな人も中にはいます。
(もちろん限られた方々です!)

本来臨床で結果を出すために行く勉強会が、勉強会に行くことが主目的になってしまっていたら、金銭的にも大きな損失ですよね。

そんな人はもう一度勉強会に行く意味を考えて、

・臨床で使える内容か考える
・とりあえず1つの分野を極める
・勉強会後は必ず復習する
・積極的に臨床に取り込む

このような意識に切り替えることで、知識/技術の定着も格段にアップしていきますよ!

まとめ:勉強会は目的に応じて参加するでOK

今回はリハビリスタッフ向けに、スキルアップの為の勉強会参加は必須なのかについて説明しました。

今回の内容をまとめます。

・勉強会は周りに知られやすいため勉強しているイメージが付きやすい
・勉強会へ行く目的は明確にするべき
・勉強会以外の勉強ツールも多くある
・自分に合った方法での勉強が1番!

職場の雰囲気に合わせて、必ず勉強会に行かなければいけないと思う必要は全くありません!

自分のスキルがアップしやすい方法で、セラピストとしての力を身に付けていきましょう。

関連記事

作業療法士の方で、スキルアップのために別の資格を取得したいと考えている方はいませんか? 別の資格を取得することで、仕事の役に立つだけでなく、作業療法士としての価値も上げることができます! 今回は作業療法士向けに、スキルアップとし[…]